漫画・アニメ

ワンパンマンの原作がひどい?何があった?理由や違いを考察

敵でも一撃で倒してしまう主人公・サイタマとその周りのヒーローたちの日常や死闘を描いた大人気コミック「ワンパンマン」。

2015年にアニメ第1期、2019年には第2期、そして放送日は未定ではあるものの、すでに第3期も決定しています。

これだけアニメが続くということは人気を裏付けていますが、現在「原作がひどい」と炎上中です。

一体どういうことなのか、「ワンパンマン」原作がひどい理由に迫っていきましょう。

「ワンパンマン」原作がひどい?何があった?

2022年8月、「ワンパンマン」は7年間に及んで連載していたエピソード「ガロウ編」が終了しました。

サイタマの弟子・ジェノスさえも殺されてしまい、ガロウに勝ったとしてももう元には戻れないサイタマ。

しかし時間逆行を果たしたサイタマはガロウが手に入れるはずだった神の力を粉砕し、世界を改変します。

あとに起こったのはヒーローたちによる一方的な攻撃でしたが、ガロウは進んでその攻撃を受けるのでした。

死んだ仲間が生き返ったり敵が改心したりなど晴れ晴れした展開ですね。

実際に「シメとしては天晴」といったように「ガロウ編」終了を祝うツイートもある一方で、「納得できない」というツイートやコメントも数多いです。

それは「ガロウ編」の展開、次々と味方が死んだりその味方の死をなかったことにするために時間逆行したりなどが挙げられますが、一番の理由はONE版に忠実ではなかったことです。

「ワンパンマン」ONE版?村田版?なぜ漫画が2つもあるの?

実は「ワンパンマン」の本当の作者は「モブサイコ100」でお馴染みの漫画家・ONEさんで、アニメ化にもなった漫画のほうは漫画「アイシールド21」の作者・村田雄介さんです。

つまるところアニメ化にもなった画力が凄い「ワンパンマン」はリメイク版ということですね。

何故2人の漫画家が共同で「ワンパンマン」をつくることになったのか、それはONEさんが漫画家デビュー前の出来事にまでさかのぼります。

デビュー前、ONEさんは個人サイトで自作の漫画を掲載していましたが、漫画原稿制作ソフト「ComicStudio」を練習するためにウェブコミックを投稿できるサイト「新都社」で読み切り作品をアップしました。

それがONE版「ワンパンマン」です。

当時ONE版「ワンパンマン」は異例の大ヒットをし、急遽、連載素スタート。

ONEさんが「新都社」から個人サイトに掲載元を変えても1日10万回以上のアクセス数を誇りました。

その後2012年に「モブサイコ100」の連載が決まり、ONEさんは漫画家になります。

折しも同年、ONEさんのもとへ「ワンパンマン」の読者がコンタクトを取っていました。それが「アイシールド21」の作者・村田雄介さんです。

村田雄介さんはツイッターで直接ONEさんに声をかけ、「一緒に漫画を制作しないか?」と持ちかけました。

ONEさんはこの話に承諾し、読み切り漫画「怒涛の勇者達」を手がけたものの、当時のONEさんの環境は目まぐるしいもので上手くいかなかったそうです。

そこで村田雄介さんは物は試しと自分で描いた「ワンパンマン」をONEさんに見せたところ、「ワンパンマン」の作画を任されることに。

しかもそれが新しいウェブコミックサイト「となりのヤングジャンプ」を企画していたヤングジャンプ編集長も目にしたことで連載が決定しました。

これが村田版「ワンパンマン」の始まりです。

「ワンパンマン」迷走する村田版!原作をないがしろにしたせいでひどいことに!

しかし村田版「ワンパンマン」は炎上の原因となっているだけでなく、「ワンパンマン」そのものを迷走させています。

それが前述しました原作、ONE版に忠実ではないことです。

例えばONE版ではガロウが改心するきっかけとなったサイタマとガロウの問答するシーンがあるのですが、その大事なシーンがカットされています。

では村田版でなぜガロウが改心したのか?といったら、いまいちよく分かりません。

それからONE版ではヒーローたちがようやくサイタマの強さを知ることになるのですが、そこも取り除かれました。

そういえば村田版オリジナルのやらかしといったら「ちゃぶ台エピソード」も挙げられますね。

2022年5月19日に更新した第209話ではサイタマとガロウがちゃぶ台を挟んで対面するというシーンがあったのですが、後日このシーンがカットされ、修正前とは異なるエピソードになったのです。

これには村田版を支えていた読者も困惑し、「村田はストーリーの才能がない」といったバッシングを強めました。

公式が何かしらのコメントを出して対応すればよいのかもしれませんが、ONEさんも村田雄介さんも「あんな展開を考えたのは相手」とユーモアに主張。

このツイートのせいで村田版の批判は鎮火するどころか、現在もくすぶっているわけです。

いずれにしても原作であるONE版とは異なり、村田版はオリジナル展開が多すぎて結果的に原作をないがしろにしています。

「ワンパンマン」それならONE版にすれば良いのでは?

残念ながらONEさんが「ワンパンマン」を進めるのは無理です。

というのもONEさんの代表作「モブサイコ100」もまた人気コミックで、アニメ化もされています。

その制作や企画に携わることでいっぱいなようで、現にONE版「ワンパンマン」は2021年7月5日から更新停止中です。

なら村田版で進めていくしかありませんが、肝心のONE版が更新停止中である以上、いつかは村田版も連載中止になるかと思います。

村田雄介さんにストーリーを期待するのも「ガロウ編」の実績がアレすぎるので酷ですし、何よりも村田雄介さんにもストーリーを捻出する余裕はありません。

理由の1つとしてまず村田雄介さんの画力はとてもずば抜けており、そのクオリティを維持するためにかなりの時間を割いているようです。

また「ワンパンマン」はweb版と単行本版で描写が微妙に異なっており、そのため「ワンパンマンが2つある」と言われています。

そうした背景から村田雄介さんにストーリーを期待するのは難しいでしょう。

まとめ

「ワンパンマンの原作がひどい」と言われているのは村田版がONE版の展開を無視し、オリジナル展開を盛り込んでいるからです。

元々「ワンパンマン」は「モブサイコ100」のONEさんの作品でしたが、共同制作を呼び掛けた「アイシールド21」の村田雄介さんがリメイクしたのが今の作品です。

しかしエピソードが進むにつれ、原作を蔑ろし、しかも面白くない展開にもなる村田版に愛想を尽かす読者が続出しています。

-漫画・アニメ