ゲーム

ウマ娘でリセマラを自動化する方法|Noxを用いた効率化

ゲームアプリである以上、ウマ娘にもリセマラするやり方があります。

あまり褒められた行為ではないものの、「リセマラすればよかった……」と思うユーザーは多いようです。

しかしリセマラを単純に行うのは苦行でしかありません。

自動化する方法はあるにはありますが、それもまた良くない方法と言えます。

なぜリセマラの自動化が良くないのか、今回はウマ娘のリセマラについて説明していきましょう。

ウマ娘でリセマラする方法とは?

ウマ娘でリセマラをする方法、それはチュートリアルを完了した直後にガチャをすることです。

ウマ娘では初めてプレイした際、プロローグ・名前と性別の設定・チュートリアルの順にゲームが開始します。

その後ようやくミッション報酬およびプレゼントを受け取って自由にプレイできるようになりますが、この自由になったタイミングで最初に行うガチャがリセマラするタイミングでもあるのです。

つまり

  • アプリの起動(ゲーム開始)
  • プロローグ
  • 名前と性別の設定
  • チュートリアル
  • ミッション報酬およびプレゼントの受け取り
  • ガチャ開始

※お気に入り、もしくは目的のカード・ウマ娘が出てきたらデータ保存

※気に入らなかったらアプリを削除して再びインストール、①~⑥までを繰り返す

となります。

さいわいウマ娘のプロローグやチュートリアルにはスキップ機能が搭載されているため、ある程度省く事は可能です。

(ちなみにパソコン版ではリセマラは不可能となっています)

しかし手動でリセマラをしていくには辛いところがあります。

そこでおススメされているのが「NoxPlayer」を用いたリセマラの自動化です。

「NoxPlayer」ってどんなソフトウェアなの?

「NoxPlayer」とは非常に優秀なAndroidエミュレータで、このソフトウェアをインストールすればAndroid用のアプリをパソコンで使えるようになります。

当然スマホよりもパソコンのほうが高いスペックであるため、ゲームの操作や画質も良いです……が、何よりも「NoxPlayer」のメリットはゲームの自動化に尽きます。

特にリセマラで活躍しており、ウマ娘では複数のウマ娘のアプリをインストールしてその中から最も優れたデータを選んで遊ぶことも可能です。

しかし「NoxPlayer」によるリセマラの自動化はパソコン上級者向けであるうえに、そもそもリセマラおよびリセマラの自動化自体、運営が許していません。

そのためもしも「NoxPlayer」の使用がバレてしまうと、アプリによってはアカウントの凍結などの処置が行われる可能性があります。

また「NoxPlayer」を使うにはある程度、パソコンに精通していなくてはならないこともデメリットでしょう。

「NoxPlayer」をインストールするにはどうすればいい?

「NoxPlayer」のインストールは難しいものではなく、画面の指示に従ったり初期設定を行ったりすれば利用できるようになります↓

「NoxPlayer」をインストールする手順

  • 「NoxPlayer」の公式サイトに飛んで「NoxPlayer」をインストール
  • インストーラーに保存する
  • インストーラーを起動する
  • インストーラーが起動したらライセンス契約に同意し、「インストール」をタップ
  • 「開始」をクリックしたらインストール完了

「NoxPlayer」の初期設定

①「NoxPlayer」を起動したら「tool」をクリックする

②「tool」をクリックして表示された画面をスワイプするように右から左へと移動

③「Playストア」をクリックする

④「GooglePlay」の画面が表示されるため、ログインをクリック

  • Googleアカウントのメール・パスワードを入力し、利用規約に同意すれば「GooglePlayストア」が利用できるようになる
  • 「NoxPlayer」の画面横にある「・・・」マークをクリックし、2つの四角が重なったマークを推せば画面が縦長(スマホ画面)に変わる

「NoxPlayer」でのアプリのインストール法

①画面内にある「アプリストア」をクリックする

②「アプリストア」でインストールしたいアプリを検索し、「インストール」をクリックすれば完了

他にもリセマラの自動化させるためにはコレが必要!

とはいえ「NoxPlayer」はあくまでリセマラの自動化において最低限必要なソフトウェアであるだけで、他にも

・プログラム言語「Python(Microsoft Storeよりインストール可)

・アンドロイド自動操作モジュール

・ウマ娘自動リセマラ周回スクリプト(専用サイトからダウンロード)

などを用意しなくてはなりません。

またリセマラの自動化だけでなく、効率化もしなくてはならないため、複数のアプリをインストールして起動する必要があります。

そのため、

・CPUコア1以上

・メモリ10G以上

が望ましいです。

少なくとも「NoxPlayer」を動かすにはCPU1コア、メモリは2G以上が求められます。

ウマ娘でリセマラするなら、その終了の目安となるのは?

ウマ娘では2種類のガチャがあり、1つは育成するウマ娘が引ける「プリティーダービーガチャ」、もう1つは育成するウマ娘に欠かせない「サポートカードガチャ」です。

このうちウマ娘においてリセマラ対象となっているガチャは「サポートカードガチャ」となります。

というのも、どのようなウマ娘であれサポートカード5枚を用意しなくてはならないからです。

このサポートカードにも当たりとハズレがあり、それはサポートカードのレア度が高ければ高いほど明確になります。

そのためユーザーはキャラが引ける「プリティーダービーガチャ」よりも「サポートカードガチャ」を重視しており、リセマラでもそれは変わらないです。

可能であればSSR4枚抜きなんてことになってほしいものの、そんなことは滅多に(滅多に!)ないのでリセマラ終了の目安となるのは

・SランクのSSR2枚以上

となります。

なかでもおススメしたいサポートカードは

・SSR駿川たづな(友人)

です。

このサポートカードのメリットは育成をしやすくしてくれる効果に特化していることに尽きます。

トレーニングの失敗する確率また体力の消費をダウンさせるだけでなく、たづなさんとお出かけするイベントをすると育成しているウマ娘の体力とやる気にくわえてバットコンディションが回復する優れモノです。

通常バットコンディションなどを回復するためには保健室やお出かけをしなくてはならず、せっかくトレーニングできるチャンスが減ってしまいます。

しかしこのカードを使えばそのチャンスを限りなく残せるため、ウマ娘のリセマラでは絶対に欲しいカードとして挙げられているほどです。

まとめ

ウマ娘におけるリセマラのやり方はアプリのインストールと削除の繰り返しです。

リセマラを自動化する場合は「NoxPlayer」のインストールをはじめ、様々なソフトウェアやデータをダウンロードしなくてはならないうえにパソコンの知識・スキルも必要となります。

そこまで行う理由はひとえに強いサポートカードを入手してウマ娘の育成をスムーズにしたいからでしょう。

-ゲーム